保育士資格を取りたくて専門学校に行こうか考えている

subpage01

保育士が足りない!という言葉をテレビでも新聞でもよく目にすると思います。

保育士の専門学校を利用してみる価値はありますよ。

実際に、お母さんをやっている人は保育園に預けたくても定員が一杯で断られている方もいるのではないでしょうか。
保育士が全国的に足りていないため、給料の底上げも囁かれています。

YOMIURI ONLINEの情報を今すぐ確認できます。

いくつかの県では、給料の底上げを実践しているところもあります。
あと何年かすれば、給料や勤務体系が改善されて、保育士も増えるかもしれません。
今のうちに専門学校にでも行って資格を取っておこうかと考えている人もいると思います。


保育士の資格を取るには、専門学校に通うか通信教育を受けるかの2つの選択があります。
それぞれのメリットとデメリットを書いていきます。

まず、金額面ですが通信教育の方が専門学校に通うより安いです。
もちろん、通信なので家で全てご自身の管理のもとに勉強になります。



専門学校はそれ専門の先生がいて、手厚く教えてくれます。
ただ、通わなければならないので時間の確保が必要となります。
通信は家で手軽に空いた時間を使って勉強できます。

試験については、通信は自分で受験の申請をして、近くの会場に行って試験を受けます。
専門学校はきっちり講義を受けて、卒業すれば自動的に資格が手に入ります。


どちらがいいか悪いかでは無く、自分自身の時間であったり、金銭面であったり、性格であったりを考慮してどちらで資格を取るか決めていけばいいと思います。


この記事が少しでも、参考になればと思います。