保育士の専門学校に行くメリットとは

subpage1

保育士は保育所などの児童福祉施設で働くことが可能になる国家資格です。求人数が非常に多く、特に都市部では常に人材が不足している状況が続いているので、資格を取得することがそのまま職を得ることに繋がりやすい、貴重な資格です。

基本的に女性が多い職場で、一度働いたあとブランクを経てまた働くことも実現しやすく、家事経験や育児経験が生きることも多いので、女性にとっては心強い資格です。

保育士の資格を取得するにはどのような方法があるのでしょうか。
学生がこれから保育士を目指す場合には、養成のための専門学校に通う方法があります。

ターゲットに応じた保育士の専門学校が気になる方に必見の情報です。

座学で保育に必要な知識を学ぶのはもちろん、卒業前に保育所や児童福祉施設での校外実習を行います。座学で学べることにはどうしても限界があり、実際に子どもと接してみてわかることや実感することはたくさんあります。


社会人がこれから保育士を目指す場合には、学歴による条件はありますが、筆記試験と実技試験を受けて合格することで取得することができます。

YOMIURI ONLINE関する情報探しのお役に立つサイトです。

この方法だと保育に全く縁のなかった人でも受験勉強のみで資格をとれるため、自分が保育士という職業に向いているかどうかを判断する機会はなかなかないでしょう。専門学校であれば、実際に職に就く前に子どもとコミュニケーションをとる経験を積んでいるため、同じ未経験で職に就いても、専門学校で学んだ人の方が働き始めてから仕事にスムーズに馴染んでいくことが容易だといえます。



サポート情報

subpage2

保育士不足のニュースを見ると、自分も資格を取って社会に貢献したいと思う人もいるでしょう。保育士になるには資格が必要ですが、国家資格のためそう簡単には取得できません。...

next

資格の秘訣

subpage3

今日本では前代未聞の保育士不足に直面しています。これまで女性は家庭を守るべきだという社会風土が薄れ、徐々に女性も会社で働く時代になってきています。...

next

ためになる情報

subpage4

保育士が足りない!という言葉をテレビでも新聞でもよく目にすると思います。実際に、お母さんをやっている人は保育園に預けたくても定員が一杯で断られている方もいるのではないでしょうか。...

next

知りたい情報

subpage5

就職を考える方のなかには保育士を目指そうという方もいるでしょう。保育士はそれなりにやりがいのある仕事であり、また、子供の相手をすることが好きな方は、この仕事などが向いていることも考えられます。...

next